和菓子 ダイエット【カロリーが半分になる秘密とは?】

  

和菓子 ダイエット【カロリーが半分になる秘密とは?】

和菓子は洋菓子に比べてカロリーが低いと言われます。
果たしてこれは本当でしょうか。

 

実はこれ本当なんです。

 

洋菓子よりも和菓子の方がカロリーが低い理由は
やはり洋菓子と和菓子に使われている材料の違いにあります。

 

一般的にお菓子の材料で太る原因となっている材料は
「糖質」と「脂質」です。

 

和菓子の場合は、もちろん甘いので「糖質」は多く含んでいます。
しかし「脂質」がほとんど含まれていないお菓子が多いです。

 

対して洋菓子は「糖質」と「脂質」を両方多く含んでいます。

 

さらに「糖質」と「脂質」のカロリーにも注目すると
分かりやすいと思います。

 

■糖質と脂質のカロリー比較

 

・「糖質」1gあたり4キロカロリー
・「脂質」1gあたり9キロカロリー

 

「脂質」の方が「糖質」の2倍以上カロリーがあるのです。

 

つまり洋菓子のカロリーが高いのはこの
「脂質」を多く含んでいる事が原因と言えるでしょう。

 

実際に和菓子の「水ようかん」「ういろう(1カット50g位)」
「もなか(1個35g位)」等の和菓子のカロリーが
約100キロカロリーなのに比べ

 

洋菓子の「ショートケーキ」「チーズケーキ」「ドーナッツ」等は
1個あたり200キロカロリー以上です。

 

結論

 

ティータイムや3時のおやつに食べるお菓子を
洋菓子から和菓子にするするだけで
お菓子から摂取するのカロリーを半分以下にする事が可能です。